http://m-md.net/info/driver-kakumei ←フォームチェックや、隙間時間に簡単な練習を繰り返すだけで、ドライバー飛距離をすぐに20~100ヤードを伸ばす程度のことはすぐに可能です。最大限のパワーを発揮するのに脱力のテクニックは絶対に不可欠!ゴルフでも同じです。「こんなに結果が短期間で出るのはうれしい誤算?」
200ヤード→300ヤードオーバーに!たった一回の指導で飛距離が100ヤードもアップ!

ゴルフ業界に激震!
たった1ヶ月で飛距離が平均50ヤードアップ!
1ヶ月で100ヤードの飛距離アップを実現!
指導を受けたゴルファーの多くが飛距離アップした、
ドライバー飛距離アップの極秘の全貌を公開。

今回公開するドライバー上達方法を実践すれば、
たった数十分で飛距離を20~100ヤードアップするだけでなく、
コントロール自在にまっすぐなドライバーショットを放つことが可能になるのです。

初めて指導を受けたときはそんな簡単に飛距離が伸びたら苦労はしないよ、、、と半信半疑でした。ですが、一時間の指導を受け、フォームのチェックなどを行った結果、まさか100ヤードも飛距離が伸びるなんて目を疑いました。

バンカーショットやアプローチと異なり、
ドライバーの飛距離を伸ばすのは簡単なんです。

フォームチェックや、隙間時間に簡単な練習を繰り返すだけで、
ドライバー飛距離をすぐに20~100ヤードを伸ばす程度のことはすぐに可能です。

正しいスイングの仕方とグリップの握り方を覚え、
飛距離を出すためのスイングを間隔で覚える。

それだけで飛距離が伸びるのです。

これからあなたにお伝えするドライバーの飛距離アップの方法は、
私が長年かけて生み出し、”再現性が高い方法”になっています。

ゴルフは合気道に似ています。
合気道はパワーがなくても大柄の人を倒すことができるのを知っていますよね。

ゴルフと合気道は体の動きは異なりますが
どちらも力を入れないことによって、腕の伸筋が活用されるため、
最大限の効果を発揮することができるのです。

下半身の動き、体の回転、腕の振り、そして、クラブを効率良くリリースするために手首の動きなどで 脱力のテクニックを 上手く応用することで飛距離に関してだけでなく、安定性も改善させることが出来るのです。

「ドライバー革命」には、今までの上達教材やスクールなどで伝えられてきた、“常識を叩き壊すほどの理想のスイングを手に入れる”方法が詰まっています。

真剣に飛距離アップを願う人達に、ご自身のパワーを最大限引き出す理想のスイングを身につけ、ゴルフの“本当の面白さ”を体感して欲しと思い、私がスクールで伝えてきた飛距離上達のノウハウを公開することにしました。

私はザ・ファーストゴルフクラブ代表の黒木昭良と申します。

私は現在、ゴルフ王国の熊本でゴルフスクールを経営し、
ティーチングプロとして多くのゴルフプレイヤーや、
プロを目指すJr.ゴルフの子供たちに指導を続けています。

ゴルフドライバーの打ち方
ゴルフドライバースイング
ゴルフドライバーレッスン
ゴルフドライバー飛距離
ゴルフドライバースライス
ゴルフドライバー打ち方
ゴルフドライバー動画