アトミックゴルフアドバイザーがテーラーメイド ゴルフ M2 ドライバー 2017年 USモデル を試打!動画で説明いたします。
テーラーメイド ゴルフ ドライバー はこちらから↓
http://search.atomicgolf.jp/?limit=30&path=%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC&q=%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%89&sort=Number1&style=0

-----------------------------

2017年モデル テーラーメイドM2ドライバーのご紹介
こちらのモデルはUSモデル
前作よりも白い部分が狭くなり
構えたときにターゲットに対してアドレスがしやすい印象
ソールをへこませることでフェース面が前作より少し大きめ
そのため構えたときは安心感あり
アドレス時の印象はスクエアフェースで構えやすい
シャフトの硬さはUSモデルのSシャフト
ヘッドスピード45メートル前後で振ってみます
ヘッドスピード44.5メートル、飛距離が230ヤード
バックスピン量が2700とやや少なめに出ました
少しスライスしたのでもう一度打ってみます
ヘッドスピード46.7メートル、飛距離が252ヤード
バックスピン量も先ほどより抑えられ、2028
打ち出し角が16度
シャフトはUSモデルのSシャフトなので
ドライバーのヘッドスピードが45メートル前後の方にお勧め

こちらのスイング動画も参考になります!