丸山茂樹プロによるレッスン
【アドレス】
・アドレスにおいてプロとアマの決定的な違いは、プロは下半身が安定し上半身がリラックスしているけど、反対にアマチュアは上半身、特に腕に力が入っていて下半身が不安定になっている
・余分な力を抜くためにワッグルをする
・飛ばしに必要なのは軸。しっかりとした軸を作ること。コマが回るとき軸が安定しなければ回転しない
・僕の軸は左目。スイングでは、左目の位置を変えない、左目とボールとの距離を変えないように意識している
・下半身はどっしり、上半身はリラックス

【バックスイング】

・右ヒザの角度を変えずに上体を限界まで捻る
・右足の内側に力をたまっていることを感じること
・捻転とは腕を回すことではなく体を捻ること
・バックスイングは始動からトップまで同じリズムと速さでクラブを上げること。アマチュアはトップに近づくとテンポが速くなる傾向がある
・アゴの下まで左肩を入れる
・バックスイングの目的はパワーをためること

【ダウンスイング】

・ダウンスイングでは、腕は振り下すものじゃなく自然と下りてくるもの
・バックスイングで最大の捻りがされていれば、ためられたパワーを放出させようと自然に手が下りてくる
・アマチュアの人は無理やり手でクラブを下ろそうとする。そうするとスムーズな切り返しができない
・アマチュアの人は、ダウンスイングの最初ではヘッドスピードが速いけど、インパクトからフォローにかけてヘッドスピードが失速してしまう
・正しいダウンスイングでは、最初のヘットスピードはゆっくりだが、徐々にスピードが上がっていき、インパクトからフォローにかけて最大のスピードになる
・ダウンスイングは体重を左足に移すことから始める。左足のヒールダウン→左ヒザに体重を感じるように重心を移す→腰の回転を始める→肩の捻りを解く→自然に腕が下りてくる→クラブヘッドが最後についてくる→インパクト
・ダウンスイングは左足のヒールダウンから始める。しかし左足よりも上体のほうが早くダウンスイングに移っている人がとても多い。その原因は打ち急ぎ。打ち急いでいる限り手打ちになってしまう
・バックスイングでためられていたパワーをすべて左足の内側で受け止める

【左ワキ】

・フォローで左ワキが空くと飛距離が落ち方向性も不安定になる
・左ワキが空くということは、腕が体から離れるということ。腕が自由な状態になる。腕が自由すぎると腕が勝手に動いちゃうからダウンスイングの道筋が振るたびに変わってしまう
・左ワキが空くと、ヘッドが遠回りするのでヘッドスピードが落ちる
・よく大きなフォロースルーで飛ばすというけど、腕を目標方向に伸ばしてフォローを大きくすることではない。勢いのついたヘッドに引っ張られて腕が伸び、結果大きなフォローになる

【他】

・クラブを振るのではなく、体にクラブを巻きつけてボディターンでクラブを振るイメージ