歳のせいか(67)スコアが落ちる一方なので、逆に今まで考えた事のなかったドライバーの飛距離アップを目指す。
体力・筋力は平均以下(素振り3回測定したらHS40.7m/s しかなかった)の自分流だが、時々びっくりするくらい飛ぶことがある。
うまく左足に体重が乗りヘッドが遅れ、やや上側ジャストミートとアッパーブローで高弾道の低スピンなのかフライヤーのように250Y位(フェアウエイの230Yの旗をキャリーで越える)飛ぶ事がある。
うまくいけば長い400Yミドルでグリーンを8番アイアンで狙えるがOBも増える、1発勝負スイングでは仕方ないか。
コンスタントにミート出来るかがテーマだがこれは素質で難しい。
実際に女子プロはHS42・43m/s程度でコンスタントに250Yは飛ばしてる。
しかし最高飛距離とスコアは全く関係ない。

飛ばすため変えたのは
①ストレートに引き高く上げループするようにインアッパーに振る。
②バックスイングのスピードアップ。 
③上げながら左足に体重乗せダウン開始。
④両肘間隔が広がらないようにして力一杯振る。
但しタイミングがちょっと狂うとどこに飛ぶか分からないのでスコアアップは出来ません。それどころか落ちる一方。
しばらくしたら普通のスイングに戻るような気がする・・・。

こちらのスイング動画も参考になります!